塾生インタビュー連載:人とお寺のあたらしいディスタンス Vol.9「賑わいの向かい岸から」輪田友博さん

未来の住職塾の遠藤卓也です。

「ポスト・コロナのお寺の場づくり」をキーワードに、全国各地の僧侶にお話しを伺っていく連載「人とお寺のあたらしいディスタンス」。第9回は愛知県春日井市 天台宗 日輪寺 輪田友博さんにインタビューしました。

以前、輪田さんからお寺の広報についてご相談をうけた際にお聞きした「向かいの神社の境内が青空市で大にぎわい」という話が印象的でした。賑わいの向かい岸からどのような行動を起こし、どんな変化をもたらしたのか?「お寺の場づくり」の非常に参考になる事例であるとともに、コロナ禍において”必要とされる場所”とは何か?考えさせられるインタビューでした。