未来の住職塾NEXT

未来の住職塾とは

将来に不安を抱えるお寺が増えています。人口減少と過疎化、財政の悪化、信仰形態の変化など、お寺を取り巻く環境は厳しさを増すばかり。法要の参拝者は減り、檀信徒は次世代に引き継がれない…。いまや、お寺も選ばれる時代。檀家制度の限界を自覚するタイミングが、平成の終わりとともに来たようです。
     
しかし、不安を抱えながらの現状維持も、焦りによる場当たり的な行動も、あなたを危険にさらします。時間やお金などが限られる中、お寺と地域社会を次世代へ確実に継承するためには、確かな情報や方法論に基づいた具体的な計画と行動が必要です。
     
2012年に立ち上がった未来の住職塾。8年間で700を超える寺院が、お寺の本質を守りながら、社会環境の変化に対応した、実現性の高い事業計画を策定してきました。そして令和からは新たに「未来の住職塾NEXT」としてスタートしました。
     
未来の住職塾には、全国各地の塾生がオンライン・オフライン問わず集い、日夜研鑽を深めています。共に汗をかく仲間だからこそ生まれる強いつながりが、あなたの前進を力強く後押しします。ぜひ一緒に、世界を明るくするお寺の「これからの百年」を切り開きましょう!
     

未来の住職塾NEXT 開講

未来の住職塾は、大きく変化する時代に合わせて学びの内容がアップデートされ、「未来の住職塾NEXT」として令和元年より開講いたしました。
     
旧プログラムを受講した塾生たちからの「計画を実行する際に感じる壁」や「実践し続ける難しさ」といった声にも応えるべく、これまでの「寺院の将来に資する計画書をつくる力」に加えて、新プログラムは「計画を実行する力」と「コミュニティを導く宗教者としてのリーダーシップ力」を養うことに重きを置いて設計されています。
     
また、プログラム修了後にも塾生同士が互いに連携して研究や実践を続けられるよう、「未来の仏教ラボ」を立ち上げるなどして、永続的な支え合いを実現するための環境が整いました。
     
これから初めて受講される方にも、過去に旧プログラムを受講された方にも、深い学びとつながりを体験していただけるプログラムとなっています。
     

※ 本プログラムは、伝統仏教寺院またはそれに準ずる運営形態を持つ宗教施設において「宗教指導者」としての役割を担う方向けとなります。
※ 願書の提出締め切りは4月15日(水)です。
     

スケジュール

未来の住職塾NEXT R-2(令和二年度)は次のスケジュールとカリキュラムにて5月より開催です。

 札幌会場東京会場名古屋会場大阪会場福岡会場
講義1
(13:00-18:00)
5/29(金) 6/11(木) 6/4(木) 6/2(火)5/28(木)
講義2
(13:00-18:00)
7/6(月) 7/20(月) 7/22(水) 7/13(月)7/8(水)
講義3
(13:00-18:00)
※ 翌午前中 (7:00-11:00)
任意参加のプログラムあり
8/24(月) 9/3(木) 8/27(木) 9/9(水)9/7(月)
講義4
(13:00-18:00)
10/8(木)10/23(金)10/21(水)
10/19(月)
10/6(火)
講義5
(13:00-18:00)
11/12(木)11/18(水)12/1(火)11/30(月)11/24(火)

※ 各回とも、アクセスが便利なターミナル駅周辺の会場での開催を予定しています
※ 各会場とも定員18名です
     

カリキュラム

• 講義1「方向性を定める」連綿と続く存在価値を確認し、普遍的なミッションを定義する
• 講義2「客観的視点を持つ」マーケットインの視点でビジョンを設定する
• 講義5「リーダーシップ開発」現代社会の宗教者に必要なリーダーシップの基礎を作る
• 講義4「具体化する」現在地と目的地を明確化し戦略を構築する
• 講義3「実現性を担保する」アクションをブレイクダウンし、KPIを設定する
     

講師 
・松本紹圭(未来の住職塾塾長)
北海道生まれ。東京神谷町・光明寺僧侶。武蔵野大学客員准教授。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader。2010年、ロータリー財団国際親善奨学生としてインド商科大学院(ISB)でMBA取得。2012年、未来の住職塾を開講。『お坊さんが教える心が整う掃除の本』(ディスカバートゥエンティワン)他、著書多数。
お寺の朝掃除の会「Temple Morning」の情報はツイッター(@shoukeim)にて
・木村共宏(浄土真宗本願寺派僧侶)
神奈川県生まれ、函館・岡山育ち。鯖江・報恩寺僧侶。三井物産株式会社にてIT事業、船舶輸出事業、人事業務等に18年間従事した後、2015年に独立。コンサルティング業務ならびに企業の顧問、役員を務める。2016年に鯖江市地域おこし協力隊就任(2019年満期退任)。2018年より本願寺派企画諮問会議委員、2019年よりNPO法人インド太平洋問題研究所副理事長。
ビジネス、まちおこし、テラおこしのシナジーを追求しつつ日々奔走中

クラス担任 
・松崎香織(一般社団法人未来の住職塾 理事)
東京都生まれ、ロンドン育ち。準認定ファンドレイザー。米国Fish Family財団 JWLI (Japanese Women’s Leadership Initiative)フェロー。三菱UFJ銀行とUBSに役員秘書として10年間従事した後、2014年より未来の住職塾ならびに塾生コミュニティ(現在約630名)の運営に携わる。2019年より(公財)全日本仏教会WFB日本センター運営委員会委員、(公財)全日本仏教会広報委員会委員。
寺院の運営を担う女性たちと「次世代のお寺の女性を考える会」を開催
・遠藤卓也(一般社団法人未来の住職塾 理事)
東京都生まれ。IT企業に勤務しながら2003年より東京・神谷町 光明寺にて「お寺の音楽会 誰そ彼」を主催。地域に根ざしたお寺の「場づくり」に大きな可能性を感じ、2012年から未来の住職塾の運営に携わる。「お寺の広報」に関する講演・研修や、HP・パンフレット制作などを手がける。
共著書「お寺の場づくり」をテーマとする書籍『お寺という場のつくりかた』(共著・松本紹圭/学芸出版社)

     

受講に必要な条件

1.僧侶やそのご家族(配偶者や兄弟姉妹、後継者)など、伝統仏教寺院にて「宗教指導者」としての役割を担う方。僧侶のご家族については、僧籍の有無を問いません。
【仏教以外の宗教の留学生枠について】
伝統仏教寺院に準ずる運営形態を持つ宗教施設において「宗教指導者」としての役割を担う方であり、かつ、他の受講者にも有益な学びの場の提供に資すると事務局が認めた方。
2.パソコンでの電子メール(携帯アドレス不可)、MS Office程度のパソコンができる方
→ 使用するソフトウェア…MS Excel、Adobe Reader (無償配布版)、Webブラウザ等
3.法務等でやむを得ない場合を除き、全5回の参加ができる方
     

学費

148,000円(税別)
※ 主催者側の責を除き、原則としてお支払いいただいた学費の返金には応じかねますのでご了承ください
※ お寺の経費として処理されたい方には、領収書の宛名を寺院名で発行いたします
※ 分割(2回まで)のお支払いに関するご相談も承ります。
※ 受講にあたり経済的支援を必要とする方のために、未来の住職塾修了生からの寄付金を原資とした奨学金制度を設けています。ご利用を検討なさる方はコチラをご参照ください。
   

お申込方法

こちらのバナーをクリックし、願書フォームに入力してオンライン上でご提出ください
提出締め切り:4月15日(水)

     

☆一日体験教室☆

「未来の住職塾NEXT R-2」について詳しく知ることができ、
これからの宗教者リーダーシップやお寺づくりのヒントも得られる機会となります。
ぜひお気軽にご参加ください。
     
日程(2020年)/ 開催地
3月24日(火)【札幌】覚王寺(札幌市北区麻生町5-2-12)
3月26日(木)【博多】養行寺(福岡市博多区博多駅南3-18-28)
3月28日(土)【名古屋】名古屋西別院(名古屋市中区門前町1) ※18:30-20:30
3月27日(金)【大阪】遍満寺(大阪市西淀川区姫島4-8-1)
4月3日(金)【東京】光明寺(港区虎ノ門3-25-1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【時間】13:30〜16:30 ※3月28日の名古屋のみ18:30〜20:30
【参加費】無料
【定員】各会場20名
【参加資格】僧侶やそのご家族(配偶者や兄弟姉妹、後継者)など、伝統仏教寺院または
それに準ずる運営形態を持つ宗教施設において「宗教指導者」としての役割を担う方
【講師】松本紹圭
    

     

よくあるご質問

Q1.どんな方々が受講していますか?
A1.これまでに30を超える宗派から、年齢や性別、地域や役職もそれぞれに異なる受講生が参加されてきました。立場を気にせず、フラットな気持ちで参加していただけます。

Q2.僧籍はなく、在家からお寺に嫁ぎました。宗教指導者としての自覚もまだこれからです。講義についていけるでしょうか?
A2.受講に際して特別なスキルは必要なく、やる気さえあれば、どなたでも無理なく学び進めていただけるカリキュラムとなっています。いつでもメールでクラス担任や講師に質問することができ、しっかりと伴走いたします。

Q3.やむを得ず欠席しなければならない場合はどうなりますか?
A3.受講を希望される会場の日程のうち、出られない日があったり、葬儀などで欠席する場合は、他会場に振りかえて受講いただく事が可能です。やむを得ず、いずれの会場にも出席できなかった場合でも、映像を視聴できるように各回の講義をビデオ撮影して共有いたします。

Q4.学費の補助を受けられますか?
A4.未来の住職塾を修了した塾生からの寄付金を原資とし、受講にあたり経済的支援を必要とする方に奨学金制度を設けています。ご利用を検討なさる方はコチラをご参照ください。(申請締め切り日は年明けに願書提出が始まりましたらご案内いたします)

Q5.プログラムが終了した後も塾生同士のコミュニティに参加するための要件はありますか?
A5.講義への出席と、事業計画書の策定・提出を必須としています。